ヒメーシュ・パテル(イエスタデイ主演:ジャック役)のwiki経歴やプロフ、出演作をまとめてみました!




解散後、約50年が経とうとしている今でも世界に多くの熱狂的ファンがいるザ・ビートルズ

そんなビートルズを新たな形で盛り込んだ注目の映画作品『イエスタデイ』が2019年10月11日(金)に公開されます

主演俳優に抜擢されたのは、ほぼ無名のイギリス俳優、ヒメーシュ・パテルさん

今回は、ヒメーシュ・パテルさんのwiki経歴やプロフィール、出演作などについて徹底的に調べてみたいと思います。
スポンサーリンク



ヒメーシュ・パテル(イエスタデイ主演:ジャック役)の経歴&プロフィール!

では早速、ヒメーシュ・パテルさんの経歴やプロフィールをwiki風にご紹介します。

出典:https://tardis.fandom.com/wiki/Himesh_Patel

名前…ヒメーシュ・パテル(Himesh Patel)

生年月日…1990年10月13日

年齢…28歳(※2019年8月時点)

出身地…イギリス・ハンティンドン

身長…180cm

ヒメーシュ・パテルさんはイングランド・ケンブリッジャーのマーケット・タウンであるハンティンドンで生まれたそうです。

しかしながら、顔立ちを見てみると肌が少し黒く、白人さがあまりありません。

というのも、彼の父親はケニア、母親はザンビア出身で、インドを経由し、イギリスへ移住したという経緯があります。

ヒメーシュさんは、幼い頃から、アニメなどのキャラクターになりきることが大好きな男の子でした。

その演技の才能を見出したのは、実は学校の先生だったそうです。

学校で行われた演劇会に参加したヒメーシュさんの演技を見て、先生は両親に、地元の劇団に入ることを勧めます。

そこで演技の勉強をしつつ、13歳の頃からは、自腹で買ったギターを片手に、歌も歌うようになりました。

ヒメーシュさんの演技、そして、歌の才能は、幼い頃から培われたものなんですね。

彼のブレイクのきっかけは、イギリス内で1985年から放送されている超人気ソープオペラ「イーストエンダーズ」に、タムワー・マソオッド役で2007年から2016年まで出演し、その知名度を獲得します。

そして、短編映画や連続ドラマなどの出演も経て、今回「イエスタデイ」の主人公・ジャック役に抜擢されたのです。

スポンサーリンク



ヒメーシュ・パテル(イエスタデイ主演:ジャック役)の出演作品は?

ヒメーシュ・パテルさんは、イギリス内で1985年から放送されている大人気ソープオペラ「イーストエンダーズ」に、タムワー・マソオッド役で、2007年10月に初登場しました。

それから2016年までと、約9年間も出演し続けたのです。

ちなみに「ソープオペラ」というのは簡単に言うと「メロドラマ」というジャンルの作品。

ソープ、とついているのは米国などでスポンサーに石鹸の会社が多かったことから、だそうです。

私にはソープオペラなんて耳馴染みがなかったのでどんな内容なんだろう、と思ってしまいました。

しかしながら、日本の演劇作品のジャンルでも普通にあるようです。

また、ヒメーシュ・パテルさんは他にも2014年にロンドンで初公開された「Two Dosas」という短編映画作品や、「Damned」という連続ドラマに2016~2018年までの2年間出演。

はっきり言えば、まだあまり出演作が無いようなのですが、今回「イエスタデイ」の主演に抜擢されたことにより、今後目が離せないのは事実です。
スポンサーリンク



ヒメーシュ・パテル(イエスタデイ主演:ジャック役)の歌唱力はいかに!?

「イエスタデイ」の日本での公開は2019年10月11日、となっていますが、実はイギリスでは6月28日に既に公開されています。

それに従って、というべきか、イギリスやネットショップなどでは映画「イエスタデイ」のサウンドトラックとして、ヒメーシュ・パテルさんがビートルズの曲をカバーしたアルバムが販売されています。

それを私も聞いてみたところ、濃いめのお顔立ちからは想像しがたい、とても甘くて素敵な歌声でした。

映画の予告と共に、ヒメーシュ・パテルさんの歌声が聴ける動画をみつけましたよ!

Yesterday – Live at Abbey Road Studios (Himesh Patel)

サントラには、映画タイトルにもなっている「Yesterday」はもちろんのこと、「Let it Be」「Help!」などの人気曲も、原曲とはまた違ったアレンジの形で収録されています。

特に「Let it Be」は本当にヒメーシュ・パテルさんの甘い声が引き立っていて、女性が聞いたらたまらないのではないかと思います!

まとめ

映画「イエスタデイ」は、ビートルズが消えてしまった世界が舞台で、唯一ビートルズの曲を知る存在となったシンガーソングライターの活躍を、ビートルズの楽曲に乗せて描く、という内容の作品。

今までもビートルズに関する映像作品は多々ありましたが、今回の「イエスタデイ」は一風変わっていると思わざるをえません。

そんな作品で、世界的に見ればほぼ無名とも言えるヒメーシュ・パテルさんが主演に大抜擢されたのですから、大変注目が集まっています。

私自身もビートルズが大好きなので、公開されるのが楽しみです。公開前にサウンドトラックの購入も考えていたり・・・。

楽曲もですが、ストーリーはもちろん、ヒメーシュ・パテルさんの演技も気になります。