映画「トイ・ストーリー4」のエンドロール後のおまけムービーはある?その意味は?




こんにちは、もっぴーです。

この夏、大注目の映画「トイ・ストーリー4」が、2019年7月12日に日本で公開されました。

アメリカでは、6月21日に公開されており、6月23日時点では、アメリカ国内で1億1800万ドル、海外37地域で1億2000万ドル興行収入を記録しています。

私も楽しみにしていたこの映画、早速、公開初日に観に行ってきましたので、エンドロール後のおまけムービーはあったのか、そして、その内容などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



映画「トイ・ストーリー4」のあらすじ

まずは、トイ・ストーリー4のあらすじをご紹介します。

ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。

ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。

フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。

一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。

出典:https://eiga.com/movie/81349/

フォーキ―は、ウッディが立ち寄ったアンティークショップに置いてある「ギャビー・ギャビー」というお人形につかまってしまいます。

出典:https://ciatr.jp/topics/312229

フォーキ―を取り戻すため、ウッディはアンティークショップに戻ろうとしますが、その途中、ボー・ピープに出会います。

ボー・ピープは、トイストーリー1と2に出てきたおもちゃで、アンディの母親が、他の家にゆずってしまったため、ウッディ達と離れ離れの生活をしていました。

出典:https://www.cuemovie.com/news/toy-story-4-bo-peep/

ウッディは、ボー・ピープと共に、フォーキ―を取り戻すため、アンティークショップに潜入しますが、一筋縄ではいきません。

はたして、ウッディはフォーキ―を救うことができるでしょうか。

完璧なエンディングと言われていた「トイ・ストーリー3」ですが、今回のエンディングは、それを上回るものでした。

まさか、トイ・ストーリーを見て、泣くなんてことはないと思っていましたが、思わず泣いてしまいました。

周りからのすすり泣く音が聞こえてきたので、多くの人が涙を流していたのではないでしょうか。

見終わったときは、とても温かい気持ちになれる映画でしたよ。
スポンサーリンク



映画「トイ・ストーリー4」のエンドロール後のおまけムービーは?

さて、ディズニーの映画ではよくあるエンドロール後のおまけ映像はあったのでしょうか。

トイ・ストーリーでは毎回流れる、エンドロール中のおまけ映像はありました。

おまけ映像の内容を2つ、ご紹介します。

1.ウッディのその後

映画の最後で、ウッディは、仲間たちに別れを告げ、ボー・ピープと共に、移動遊園地に残ります。

そして、何をしているかというと、ダッキー&バニ―、デューク・カブ―ンらと共に、射的ゲームの景品コーナーで活躍します。

子供たちが射的ゲームで失敗しても、わざと的を倒し、子供におもちゃをプレゼントするという細工をしています。

子供はおもちゃをもらって大喜び。

おもちゃは持ち主がみつかって大喜び。

みんなが幸せになりますよね。

今まで、子供に遊んでもらうことに執着していたウッディですが、今度は他のおもちゃに、そのチャンスを与える役割を担っているんですね。

2.ダッキーとバニ―の逆襲

ウッディ達のおかげで、おもちゃはすべて売り切れ。

今まで、ヘッドフォンを付けて、お店に見向きもしなかった店員が、すっからかんになったゲームコーナーを見て、唖然とします。

そこへ、ダッキーとバニ―が奇襲をかけ、店員を襲います。

ダッキーとバニ―は巨大化すると、目からレーザーを出して他の店を次々襲い、おもちゃを解放します。

というのは、ダッキーとバニ―の妄想の話

でも、その信じたデューク・カブ―ンが「目からレーザー出せるの?」と聞くと、ダッキーは「出せるよ」と返します。

実はこのやりとり、デューク・カブ―ンの声を担当したキアヌ・リーブスの過去の出演作のパロディなんですって。

こんなオシャレな演出も、ディズニー作品ならではですよね。

3.ボニ―のもとに残ったおもちゃのその後

フォーキ―を含め、ウッディ以外のおもちゃは、ボニ―といっしょに車で家に帰ります。

そして、ボニ―が1年生になり、また、新しいおもちゃを作ります。

こんどは、フォークではなく、プラスチックナイフでできたおもちゃ

これまた、以前のフォーキ―と同じく、自分をゴミだと思っています。

運命的な出会いをしたフォーキ―は、ウッディがしてくれたように、ナイフのおもちゃに、「君はおもちゃだよ」と伝えます。

その場面で終わってしまいますが、きっとその後、ナイフのおもちゃも、自分をおもちゃだと認識し、みんなと仲良く暮らしていくのではないでしょうか。

そして、最後の最後、エンドロールがすべて終わると、「PIXAR」のロゴが現れ、本来ならデスクライトが登場するのですが、デューク・カブ―ンが現れ、映画の中で、ハイタッチをしてもらえず肩を落としていた人形とハイタッチします。

これで、全員が幸せなって、本当のハッピーエンド。

エンドロールの最後の最後まで、楽しめる映画でした。

最後に

トイ・ストーリー4の中で、トイ・ストーリー1と2に出てきたボー・ピープが再登場して大活躍します。

ボー・ピープがスクリーンに姿をあらしたのは、19年ぶりだそうです。

映画を見た後は、トイ・ストーリーを1から見直したくなってしまいました。

こちらの記事で、過去のトイ・ストーリー作品を無料で見れる方法をご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

ディズニー映画を安心して無料視聴する方法

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする