妊娠週数と赤ちゃんの様子




こんにちわ、もっぴーです。
今日もご覧いただきありがとうございます。

今日は妊娠週数とお腹の中の赤ちゃんんがどのように育っていくのかをお話しようと思います。

妊娠週数の数え方

まず、週数の数え方からお話しようと思います。
妊娠週数は最後の生理開始日からカウントします。
ほとんどの方は、次の生理が来ないことで妊娠が発覚します。
ということは、妊娠しているとわかった時点ですでに妊娠4週~5週となります。
そして、40週0日が出産予定日になります。

妊娠検査薬で陽性がでれば、病院へ行きましょう。
あまり早すぎると心拍が確認できない可能性もあるので、5週~6週目あたりに行く方が良いかもしれません。

妊娠初期(4週~15週)

6~7週
初回の受診では、赤ちゃんを包んでいる胎嚢が見える程度で、まだ豆粒のようですが、口・目・手・足の元が作られ始めます。

8~9週
9週までの赤ちゃんは胎芽と呼ばれ、脳・脊髄・神経などが急ピッチで形成される重要な時期です。

キンメダイやマグロなど、水銀が多く含まれるといわれている魚を摂取する量に気を付けましょう。
また、生肉などもトキソプラズマなどの菌に感染する可能性があるので避けた方が良いでしょう。

10~11週
赤ちゃんはいよいよ人の形になってきます。
エコーでは頭・胴・手足などがわかるようになるでしょう。
体の器官も機能しはじめ、羊水を飲んで、おしっこをしたりするようになります。

11~12週
器官の形成が終わり、筋肉が発達してきます。
筋肉が発達してくると手足を動かすことができます。

つわりがあった方はこのころになると落ち着いてくるのではないでしょうか。
たいていの方は16週目頃までに落ち着くようです。

私の場合、つわりは11週あたりがピークで、何を食べても吐いてしまう状態が

1週間続きました。その後は徐々に吐かなくなり、14週頃につわりが落ち着きました。
つわりが落ち着くと「やったー、好きなもの食べられる!」となって体重が増加してしまうこともありますので、気を付けてくださいね。

14~15週
胎盤が完成し、赤ちゃんが育つ環境が整い、流産のリスクも少なくなってきます。
身長は約15cm、体重は約100g。
これからどんどん身長が伸びていきます。

妊娠中期(16~27週)

このころは安定期と言われいますが、安定期とは、あくまでも「赤ちゃんが育つ環境が安定した」時期ということです。
なんでもしてよい時期ではありませんので、注意してくださいね。

16~20週
赤ちゃんはだんだん皮下脂肪がつき、赤ちゃんっぽい体つきになります。
骨が丈夫になってきます。
早ければ性別がわかるでしょう。

このころになると胎動を感じる方も多いと思います。

私も胎動を感じたのは18週あたりだったと思います。
初めは腸のあたりがチョロチョロと動くように感じ「お腹の調子が悪いのかな」と思いました。
何度も続くし、お腹が痛くなるわけではなかったので、ネットで調べてみたら、胎動だとわかりました。

21~27週
体の細部がどんどん発達していきます。
瞬きをしたり、指しゃぶりをしたり、くるくる回ったりと羊水の中で元気に動き回ります。

このころになると性別が判断できるようになります。
男の子か、女の子か。気になりますよね。

我が家の場合、性別は男の子。
素人の私でもわかるくらいはっきり見えちゃいました。

妊娠後期(28~40週)

28~35週
聴覚がほぼ完成するので、パパも声をかけてあげてくださいね。
お腹を触ると胎動を感じられると思います。

パパが触ると動かなくなるという胎動あるあるがあるみたいです。
うちもそのパターンが多かったような気がします。
「今、ほら」と言っても、触ると「しーん」みたいな。。。
それでも、いっぱい触って、話しかけてあげてくださいね。

36~40週
いよいよ臨月です。
子宮いっぱいまで成長し、エコーも1枚の画像では収まりきらなくなります。
窮屈なのか胎動は減ってくると言われています。
頭を骨盤にはめ、足を引き寄せ産まれる瞬間を今か今かと待っていますよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする