赤ちゃん用バレンタインの離乳食レシピや可愛い写真の取り方は?




こんにちは、もっぴーです。

赤ちゃんと迎える初めてのバレンタイン!

チョコレートはまだ食べられないかもしれないけど、せっかくなので楽しみたいですよね。

そんなあなたに、離乳食期でも楽しめる簡単レシピや可愛い写真の撮り方をお伝えしたいと思います。



離乳食の赤ちゃんでも楽しめるバレンタインレシピ

まずは、超不器用な私がチャレンジした簡単レシピをご紹介します。

息子が初めてバレンタインを迎えたのは、生後10か月、離乳食後期の頃です。

離乳食の進み具合はとても順調で、ちょっとした固いものでも食べられたので、ホットケーキをちょっとアレンジしたものを作りました。

【材料】

・赤ちゃん用のホットケーキミックス 20g

・お水 大さじ1杯弱 13g

・バナナ

・クッキーの型(あったら)

【作り方】
① ホットケーキミックスにお水をいれ混ぜる② バナナをフォークでつぶし、レンジで10秒温める③ ①にバナナを混ぜ、フライパンで焼く④ クッキーの型で切り抜く

はい、これで出来上がりです。

後追いでなかなか赤ちゃんが離れてくれなくても、これくらいなら、おんぶしながらでも作れますよね。

味はというと、息子の食いつきはとても良く、「もっとちょうだい」アピールしてきたので、追加でもう一枚作ったほどでした。

その息子も、もうすぐ3歳になるので、今年はこのレシピで一緒作ってみたいと思います。

もう一つ簡単なものをご紹介したいと思います。

出典:https://cookpad.com/recipe/2475498

【材料】

・さつまいも(かぼちゃでもOK)

・きな粉

【作り方】

① さつまいもを煮る・蒸す・レンチンなどして加熱する

② 食べやすい大きさに丸めて、きな粉をまぶす

※さつまいもがパサつくときは、牛乳を足す

赤ちゃんって大人と同じものを食べたがるので、大人は本物、赤ちゃんはさつまいもトリュフ、という感じで一緒に食べれると楽しいですね。

2歳頃であれば、さつまいもを丸めたりもできると思うので、一緒に作って楽しんでみるのも良いと思います。

赤ちゃんとのバレンタインの思い出をかわいい写真にして残そう!

ぜひ、赤ちゃんのファーストバレンタインの思い出を、写真にして残しましょう。

①寝相アート

バレンタイン時期になると、100均でハート型の飾りなどが簡単お手軽に手に入りますので、それらを使って、寝相アートに挑戦してみてはいかがでしょうか!

出典:https://www.photo-posy.co.jp/2300/

私もチャレンジしたことがありますが、寝相アートを上手にとるコツは、なるべく高い位置で、真上から撮ることと、音のなるおもちゃなどを使って赤ちゃんの気をひくことです。

寝相アートは、踏み台などを用意して、その上から手を伸ばして、赤ちゃんの真上にカメラが来るようにして撮るとうまく撮影できますよ。

でも、意外と重労働なんですね。頑張りすぎると踏み台から落ちそうになるし、手を伸ばしてシャッターを切ろうとするとブレてしまいます。

我が子に夢中になりすぎず、安全に周りを注意しながら撮影しましょうね。

撮影した時点では周りの余計なものが映り込んでいても、あとで切り取り編集すれば大丈夫です。

寝ているなら必要ありませんが、起きているときに写真を撮るのであれば、シャッターを切る瞬間、音が出るおもちゃなどで、赤ちゃんの気をひくと、うまくカメラ目線になってくれます。

息子は仰向けが大嫌いな子だったので、上を向かせて撮るのは本当に大変でした。しかも、私1人でやったので、汗だくになりました。

こんなことも良い思い出になると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

②ガーランドで飾り付けする

寝相アートは、準備するのがちょっと大変そうという方は、かわいいガーランドでお部屋を飾り付けして、写真を撮ってはいかがでしょうか。

これなら数分で準備できますし、部屋が多少汚くても大丈夫です。




赤ちゃんの写真で壁をバレンタインっぽく飾ってみよう!

今まで撮りためた写真がスマホの中に眠ったままになっていませんか?

これを機にプリントアウトしてハート型に壁に飾るのもおしゃれですよ。

こんな形なら19枚の写真でできます。

思い出に浸りすぎて、写真を選ぶのに時間がかかっちゃいそうですね。

出典:http://www.hikoshi-lab.com/yuttari/6

まとめ

ねんね期の赤ちゃんでも楽しめることはたくさんあります。

ぜひ、赤ちゃんのファーストバレンタインを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする